トップ > Photoshopの注意事項

Photoshopの注意事項

新規作成

●サイズ

photoshopでのデータ入稿は必ずヌリタシを設けなければなりません。ですので、仕上がりのバナーのサイズよりも左右上下に3mmずつ(それ以上)にプラスしたサイズにて作成して下さい。単位が「pixl」などに設定されている場合は「mm」を選択してください。
仕上がりサイズのガイドライン作成方法に関しては以下の項目をご参照ください。

●解像度

画像の解像度は200dpi以上を入力して下さい。その際、単位が「pixel/inch」に設定さされていることをご確認下さい。
この新規ファイルにスキャニングした画像やデジタルカメラで撮影した写真画像をコピーなどしてデザインを行って下さい。その際、取り込む画像の元の解像度が低いデータは、新規ファイルにコピー・貼付けをした上で拡大をを行っても、画質が良くなるわけではありませんのでご注意下さい。
もし、画質がもとより低いデータの場合は再度撮影を行うか、スキャニングをやり直さなす必要があります。つまり粗い画像データはコピーして拡大を行っても粗いままとゆうことになりますので、ご注意下さい。

●カラーモード

画像のカラーモードは「CMYK カラー」を選択して下さい。「RGBカラー」を選んで作成してしまいますと、印刷の際に画像の色をCMYKカラーに変換する作業が必須になり、その際に色が予期せぬイメージになってしまいますので、十分ご注意頂きますようお願いします。

●カンバスカラー

新規作成を選んだ時点で白が設定されておりますので、そのまま変更しないで下さい。もし万が一に「背景色」や「透明」が選ばれてしまっている場合は「白」に設定をして下さい。

仕上がり寸法とヌリタシ

Photoshopには、Illustratorのようにトンボを作成する機能がありませんので、以下の手順に従いガイドラインの機能を利用して仕上がりサイズの設定を行って下さい。

●仕上がりサイズとヌリタシの設定 ※ここでは1800x600mmのサイズにて作成するものとしてご説明いたします。

○定規を表示させる
まず、仕上がりのサイズを示すガイドラインを引くにはウィンドウの左端と上端に定規が出ている必要があります。定規が画面の左端と上端に表示されていない場合は、上メニューバーの「ビュー」から「定規」を選択して画面に定規を表示させて下さい。

○ガイドの設定
ここでは仮に1800x600mmの仕上がりサイズとご説明します。左辺と上辺にある定規からドラックすることにより、ガイドを作成することができます。
左辺からドラッグして3mmの場所にまず1本目、次に1803mmの場所に2本目をドラッグしてガイドラインを作成します。同じように上辺も3mmの位置と603の位置にガイドを作成します。この作業をすることにより、ガイドラインでのサイズは1806x606マイナス3+3の1800x600とゆうことになります。

画像・写真などがカットする仕上がりの線にかかるデザインの場合はヌリタシを上下左右3mm以上ず設ける必要があります。

ヌリタシのイメージ

※画像の解像度が仕上がりサイズ原寸で200dpi(pixel/inch)以下の場合は画質の粗さが目立ってしまいますので、画像の解像度は仕上がりサイズ原寸で200〜350[pixel/inch]にて入稿して下さい。

レイヤーの統合

●メニューバー「レイヤー」から「画像を統合」を選択

レイヤーの非表示設定やロックによって、印刷しなければならないデザインが印刷されないトラブルが起こる可能性があるため、画像レイヤーが複数存在する場合はひとつのレイヤーに統合して下さい。上のメニューバーの「レイヤー」から「画像を統合」を選択して、実行します。

細い線(ライン)に関して

極端に細いライン(線)やごく小さなオブジェクトは印刷の際に消えてしまう恐れがありますので、線や点は2px以上の設定を行って下さい。

  • セミオーダー作成依頼
  • フルオーダー作成依頼
  • HPよりお問い合わせ
 
 
Page Top