トップ > Office系の注意事項

Office系の注意事項

文字

Officeのエクセル・ワード・パワーポイントでデザインを作成する際には、配置した文字のフォント名を空欄に書き添えて下さい。
Office系のソフトは各パソコンのOSやバージョンによって搭載されているフォントが異なり、弊社で開くことが出来ても、同じフォントがない為パソコンが自動的に弊社にある適当なフォントに変換してしまうので、明朝でデザインしたのに仕上がりがゴシックになってしまうケースが多々あります。デザインのファイルのどこか余白のスペースに、どの文字がどのフォントにて作成したいかを必ず記入して下さい。
全て同じフォントでよい場合は、「全ての文字は丸ゴシック太」などのように記載して頂いてかまいません。フォントを選択する際は出来ましたら、お客様のパソコンに搭載してあるフォントではなく、左メニューバーの「書体見本」から選んで頂くと、その後の作業が短縮されますので是非、ご利用下さい。

書体見本にない文字で作成したい場合はプリントアウトされた文字か、PDFデータやjpgデータに変換した文字の画像を弊社までおおくり下さい。ただし、その場合、上から文字をなぞってイラストレーターデータを作成しなければならない為、トレース作業も実費が加算されます。

Microsoft Officeソフトの「色」について

エクセル・ワード・パワーポイントなどのOffice系のソフトは、デザイン専門のソフトではないので、基本RGBカラーと呼ばれるカラー構成にて表示されています。
このRGBカラーとは、モニターやテレビなどの光りを放つ画面でのカラー構造ですので、印刷の時点で表現できない色が多くあり、パソコンの画面で確認した色とは異なった色で印刷されてしまいます。精密な色のイメージがある場合はモニター上で確認する色は参考程度として考えて頂き、色の正確な指定は、お客様から色の見本を印刷物にて送って頂くか、弊社からお送りした色見本の中から選んで頂く方法をとります。または弊社の左メニューバーの「色見本」から指定して頂くことも可能です(多少のズレが生じます)。
特にこだわりがなく、おおまかな青や緑などの色でもよい場合はパソコンモニター上での指定でもかまいませんがシビアな色の指定がある場合はお客様のイメージしている色と弊社のイメージする色で若干のズレが生じる可能性がありますので(例えば紺色といいましても、たくさんの紺色がございます)先に述べた、印刷された色見本にて色を確定して頂けますようお願いします。




  • セミオーダー作成依頼
  • フルオーダー作成依頼
  • HPよりお問い合わせ
 
 
Page Top