トップ > Illustratorの注意事項

Illustratorの注意事項

アートボード

メニューバー(上)の「ファイル」をクリックして「新規」を選択します。アートボードの大きさはどの数値を入力してもよいのですがプリントアウトの際に便利なのでA4のサイズを選択することをお勧めします。

カラーモード

「カラーモード」は「CMYKカラー」を必ず選択して下さい。「RGBカラー」にて作成しますと、バナーの仕上がりの色と画面上の色が大きく異なる可能性がございますので想定していた色と違うイメージになってしまう恐れがあります。十分にご注意下さい。デザインが既に完成している場合はメニューバー(上)の「ファイル」から「ドキュメントのカラーモード」がありますので、そこで「CMYKカラー」を選択して下さい。

スポットカラーのPANTONEやDICなどは使用しない

メニューバー(上)の『ウィンドウ」から「スウォッチライブラリ」更にその中から「PANTONE」や「DIC」などのスポットカラーを選ぶことが出来、色を選択するカラーパレットが開くのですが、この「PANTONE」や「DIC」のカラーを使用したデータで作成しないようにして下さい。とゆうのも、モニター画面上での色と実際「PANTONE」や「DIC」のカラー見本の色とで微妙にズレがありますのでイメージしていた色と違って仕上がってしまう恐れがあります。

貼り込みの画像 ※写真や画像データを貼り込むデザインの場合のみお読み下さい。

● 解像度

貼り込み画像があるデザインでしたら、元の画像データの解像度は原寸(重要です)で200dpi以上あるデータを使用して下さい。200dpi以下の解像度の場合、画質のつぶば粗くなってしまうため、原寸で200dpi以下の画像データしかない際は改めてスキャニング・デジカメ撮影をやり直して下さい。
画像データを新規で作成する時は、Photoshopの上メニューバー「イメージ」にある「画像解像度」から「サイズ」を選択しその画面で原寸で使うサイズにしてから[解像度]の設定が「200dpi」になっていることを確認し200dpi以下の場合は、新たに画質のよい写真をご用意して下さい。この際、web上で拾ってきた解像度の低い画像データを200dpiに変更したところで、画質はよくなりませんのでご注意下さい。

解像度イメージ

● カラーモード

写真画像の元データもカラーモードをCMYKに設定して下さい。RGBカラーやダブルトーンの状態でイラストレーターのファイルに組み込みますと、画像の色がCMYKカラーに自動的に変換されてしまい想定していない色になってしまうことがございます。

● 保存形式

画像は、psd形式で保存して下さい。epsでも問題なく開くことが出来るのですが、弊社では共通認識として扱いやすいpsd形式にてお願いしております。上メニューの「ファイル」より「別名で保存」を選択しますと中央に新たなウィンドウが開かれます。
その画面内で「フォーマット」とゆう項目が選べるようになっておりますので、「Photoshop PSD」又は「psd」を選択します。「カラープロファイルの埋め込み」や「プルーフ設定を使用」などの項目はチェックを入れないようにして下さい。
自動的にデータ名の後に「.psd」の拡張子がつくようになっておりますがバージョンによって拡張子がつかないこともありますので、その際は名前の後に「.psd」の拡張子を書き加えて下さいますようお願いします。

ヌリタシを設ける ※画像データ・写真を貼り込むデザインの場合のみお読み下さい。

画像や写真データなどがバナーの画面いっぱいにレイアウトされる場合は、カットする際にズレが起こっても、予期しない白いフチなどが印刷されないように、断裁する線よりも画像のレイアウトを延ばしたり拡大するなどしてヌリタシを上下左右3mm以上設ける必要があります。

ヌリタシを設ける

細い線(ライン)について

線幅は原寸で0.3pt以上になるよう作成して下さい。0.3pt以下の場合、モニター画面上では、視認できる線として表われていてもバナーの印刷機にかけますと擦れてしまったり消えてしまったりする場合がございますので、0.3pt以上の線で作成してください。

文字のアウトライン化について

全てのフォントが弊社にてご用意出来ませんので、ほとんどのフォントが、お客様の指定したフォントと違うフォントに変換されてしまいます。
そこで「文字のアウトライン化」とゆう作業を行うことにより文字情報をベジェ曲線で構成されたオブジェクトとして認識されるようになり、文字化けや文字の変換を防ぎ、お客様の指定した通りのイメージにて作成することができるのです。
文字のアウトラインの作業方法は以下の通りになります。

●すべてを選択

選択ツールで全てのオブジェクトをドラッグして、すべてを選択することもできますが、ショートカットすることも出来ます。上メニューバーから「選択」→「すべてを選択」を実行する。もしくは「すべて」を選び、全てのオブジェクトを選択します。文字のみ選択できれば問題ないのですが、この方法が間違いなく全ての文字をアウトライン化できます。

●文字のアウトラインを作成する

全ての選択されている状態のまま(どこかをクリックしてしまうと選択が外れてしまいますのでご注意下さい)上メニューバーから「書式」あるいは「文字」より「アウトライン作成」を選択します。
[コマンド]+[シフト]+[O]でも行えます(Macの場合)

●確認方法

アウトライン化が実行されますと、今迄図1のようになっていた境界線が図2のように変化します。

アウトライン化の確認方法

以上で文字のアウトライン化の作業は終了です

  • セミオーダー作成依頼
  • フルオーダー作成依頼
  • HPよりお問い合わせ
 
 
Page Top